BELLE STYLE

KYOTO ZEN CURRY
  • KYOTO ZEN CURRY
  • KYOTO ZEN CURRY

FOR INNERHAKKO YAKUZEN CURRY

発酵✖スパイスでパワフル腸活!

おいしく腸内環境を整える発酵薬膳カレー

腸活や美活に欠かせない発酵のチカラ。
発酵カレーは、醤(ひしお)という麹菌によって発酵された大豆と麦と独自のスパイスを一緒に発酵させたカレールーを使用しています。
醤(ひしお)豆麹と麦麹なので、タンパク質も多いから、その分旨味が多く、麦の甘味と混ざり合うことで深いコクのある味になります。また、ひしお麹には酵素力が高く、食材をやわらかくしたり、消化を助けたりする効果があります。 より美味しく、より健康を目指せるカレーを求め、素材にこだわりつづけ、試行錯誤を重ねて完成しました。

    ※本製品には麹菌を使用していますが、紅麹菌を麹菌はまったく別の種類です。紅麹菌はカビの仲間ですが、麹の字が付きますが、麹菌ではありません。モナスカス属のカビです。
    日本酒、焼酎、味噌、醤油、味醂、米酢、甘酒,酒粕などをつくる麹菌はアスペルギルス属で、本製品に使用される麹菌も、全く安全な菌です。

4,000円(税込)

内容量:200g x 5袋(別途送料が800円かかります)

開発コンセプト「おいしく食べて美しく」

胃腸から健康度を高めるための科学的根拠を原点とし、さらにおいしく食べるための技術を研究して作られた新スタイルの発酵薬膳カレーです。
薬膳カレーは、一般的なカレーよりも辛さが控えめで、消化を助ける食材が多く使われているため、胃腸に優しいという特徴があります。
本商品ではさらに、発酵食品と薬膳をフュージョンすることで、ひしお麹の酵素力で食材をやわらかくしたり、消化を助けたりする効果で、胃腸の正常化に相乗効果を発揮しており、美容と健康に気を遣っている人にもおすすめです。

INGREDIENTS原材料

発酵カレールウ(玉ねぎ、ひしおこうじ、カレー粉、食塩)(国内製造)、トマト・ピューレーづけ、玉ねぎ、鶏もも肉ミンチ、馬鈴薯澱粉、みじん切りにんにく、みじん 切り生姜、香辛料、ココナッツシュガー、食用ココナッツ油、砂糖(甜菜含蜜糖)、天然出汁ペプチド粉末、食塩/pH調整剤、酸化防止剤(V.C)、(一部に鶏肉・大 豆を含む)



共同開発メンバー

発酵料理研究家 清水紫織×ナチュロパス 木村恵理子 が仕上げた発酵薬膳カレー
発酵カレールーを開発した発酵料理研究家 清水紫織のカレールーを使い、ナチュロパス木村恵理子が発酵薬膳カレーとして仕上げ、出来た究極のレシピの合作。

グルテンフリーでもあり、また軽いのに旨みがしっかりとあり、スパイスがアクセントとなりサラッとしてスルスルとカラダに入り負担なくお召し上がり頂けるカレーです。腸活されている方やアスリート、ダイエット意識されてる方など幅広くおススメです。
食
清水紫織

発酵料理研究家 : 清水 紫織

腸活を目的でお味噌作りを体験し、発酵と出会う。何よりその美味しさに開眼し、発酵調味料作り、発酵ご飯作りに没頭。発酵料理人の伏木暢顕氏に師事。2013年に神楽坂発酵美人堂を立ち上げ、同時に東京農業大学醸造科で科目等履修生として3年間発酵について学びを深める。Panasonic腸活プロジェクトの発酵レシピを監修。独自のセンスで発酵文化を伝えながら、「0歳からの腸活」を掲げ、食育『発酵』のゲストティーチャーとして保育園、幼稚園での食育活動にも力を注ぐ。著書「はじめてでも とびきりおいしくなる!発酵料理のきほん」「発酵調味料でつくる からだにいい発酵スープ」「”漬けて置く”だけ おいしく整う 発酵食のストックレシピ」を出版。

木村 恵理子

自然療法士&ハーブスペシャリスト : 木村 恵理子

エステティシャンだった母の影響で、幼少期からハーブに触れて過ごす。自身の体調不良をきっかけにナチュロパシー(自然療法)の魅力に目覚め、ハーブやアロマを学びながら母のサロン(整体、アロママッサージ、気功、フェイシャル)のアシスタントをするようになり、本格的に自然療法を学ぶためフランスへ留学し世界のあらゆる自然療法について学ぶ。中でも陰陽五行論に強く興味を持ち、帰国してからは薬日本堂で働き漢方の知識を深める。
その後、自然療法、陰陽五行論、体質学を基にブレンドし、オーガニックハーブ、アロマの素晴らしさ、自然療法の素晴らしさを世界中の人達に伝える活動を続けている。



HOW TO COOK 調理方法

袋のままの状態で、熱湯で10分程度温めてください。※やけどにご注意ください。



HOW TO STORAGE保存方法

必ずマイナス15度以下で保存してください。